東京と大阪のふたりによる往復書簡

vol.8 2022.11.06 門野優

高松さん、元気ですか?
なんだかわたしたち、今年はとても忙しかったようです。
気がついたら冬になってました。
わたしは最近、新居の準備をいろいろと進めています。
はじめはただ新居に引っ越すために物件を探していただけのはずだったのに、いつの間にか新居で設計事務所とカレー屋さんをすることになっていました。
カレー屋さんはイベントスペースとしても使っていく予定なので、連句とかいろんなイベントができるスペースにしたいなぁと思っています。
高松さんもいつか遊びに来てください。

来月はいよいよ、トーキョーアーツアンドスペースで連句の赤い糸が開催されますね!
1週間かけて連句の展示とイベントがこんなかたちで開催されるなんて…すごいですよ、これはもうお祭りです。
日程が合えばわたしも行きたいのですが…もし行けなくてもどんな様子かめちゃくちゃ気になるので、Twitterで画像とかいっぱい上げてください。ワークショップとかイベントはどんな感じになるのでしょう?とても楽しみです!

連句新聞の冊子、着々と準備が進んでいます。
いろいろぎゅっと詰め込んで、Webとはまた違う紙面ならではの連句新聞になりそうです。